【軽量リール】20ヴァンフォードのインプレッション

ヴァンフォード

2020年にシマノからリリースされた軽量スピニングリール「20ヴァンフォード」のインプレッションや使い心地を紹介していきます。

軽さとレスポンスの速さはピカイチ、2020年最高のリールといっても過言ではないでしょう。



20ヴァンフォードのスペック

自重(2500S):160g

ギア関連:マイクロモジュールギアII搭載、サイレントドライブ搭載

防水機構:Xプロテクト搭載

ボディ素材:Ci4+

その他の機構:ロングストロークスプール搭載

実売価格:2万3千円〜2万4千円前後

Ci4+とは

Ci4+とは炭素系樹脂と呼ばれるカーボンなどに似た素材で、軽量かつ頑丈な作りになっています。

20ヴァンフォードはボディだけでなく、ローターにもカーボンを使用しており、ステラツインパワー並みの感度を持ちながら、ヴァンキッシュに次ぐ軽量リールとなっています。

しかしCi4+のデメリットとして金属素材と比べると剛性感では劣ります。

ショアジギングなどのハードな釣りよりも、エギングやライトソルトなどのリールの軽さを活かした釣りに向いています。

マイクロモジュールギアII

マイクロモジュールギアIIとはシマノ独自のギア構造です。

ギアの歯を細かくすることで力の伝達効率を上げ、少ない力でもリールを滑らかに回すことができます。

20ヴァンフォードは、このマイクロモジュールギアIIの恩恵により、上位機種にも匹敵する滑らかな巻き心地の良さとなっています。

ロングストロークスプール

14ステラから搭載されたスプールで、現在ではステラ、ヴァンキッシュ、ツインパワー、ストラディック、ヴァンフォードに搭載されています。

通常のスプールに比べてロング化されており、従来のスプールよりも飛距離を4%アップすることに成功しました。

Xプロテクト

ラビリンス構造という作りになっており、リール内部への水の侵入を防ぐというものです。

Xプロテクト搭載機は防水性能がかなり高いため防水パッキンなどの部品が無く、回転性能を低下させないという特徴があります。

20ヴァンフォードを使ってみた感想

アオリイカ

3000sをシーバスやエギングにて利用していますが、キロアップのアオリイカに対しても力負けすることはありません。

長時間のキャストも疲れないですし、感度がいいのでアタリもダイレクトに伝わります。

もちろんシーバス狙いでもかなり重宝しています。

20ヴァンフォードにおすすめな釣り

根魚

前述の通り軽量かつレスポンスの良さから、2000番の~3000番のバランスが良く、ワームを使ったアジングやメバリング、エギングなどと相性が良いです。

少々不安があるものの、軽さを求めるのであればショアジギングにも利用可能です。

地磯でヒラマサを狙う…とかであれば他のリールをおすすめします。

20ヴァンフォードの気になる点

16ストラディックCi4+はラインローラーが壊れやすいリールでしたので、ヴァンフォードでもその点が気になります。

筆者がここまで利用している限りでは問題なさそうですが、引き続き使ってみて追記していこうと思います。

マイクロモジュールギアIIを搭載しているとはいえ、やはり滑らかさではステラやヴァンキッシュに劣ります。

上位機種とヴァンフォードで悩まれている方は、両方のリールを実際に手に取って巻いてみることをおすすめします。

まとめ

今回は20ヴァンフォードについて紹介してきました。

この価格でありながら上位機種に劣らない最高スペックのリールです。

今悩んでいるという方はぜひ店頭で触ってみてください。