【ヤマメ&イワナの宝庫】米内川の渓流釣りポイントを紹介

米内川のヤマメ

今回ご紹介するのは岩手県盛岡市を流れる米内川。

盛岡市内の水道水の水源としても有名な米内川はヤマメやイワナなどの渓流魚の宝庫です。

エサ釣り、ルアー、フライ、どんな釣りでも楽しめるだけでなく、数ある東北の渓流の中でも市内からのアクセスが良く、エントリーし易いのが米内川の魅力であります。



米内川について

米内川

米内川は岩手県盛岡市を流れる一級河川で、盛岡市の水源にもなっているとても透明度の高い河川です。

全長は25km、上流部まで車で行くことができ、比較的に藪漕ぎをしなくても入渓できるので、初心者にもおすすめです。

米内川の特徴

米内川

米内川は県内の他の河川に比べると川幅は狭く、ポイントを絞りやすいのが特徴です。

水量もあまり多くないので、川の中も歩きやすいです。

とはいえ、季節や場所によって流れが強いので十分注意して入渓してください。

解禁~7月上旬くらいまでは水温が低く、流れの緩やかなところや、流れの落ち込みを狙うのがベスト。

サビ尽きヤマメ

写真は6月中旬に釣ったサビが残るヤマメ。

水温が上がってくると、流れのあるとこで活発にエサを追いかけます。

東北ということもあり、シーズンインは少し遅めのようです。

米内川の釣りポイント

米内浄水場付近

盛岡で初めて作られた米内浄水場は、桜の名所としても有名です。

※コロナの影響で見学が制限されている可能性もあるので、詳しくは盛岡市上下水道局を確認してください。

米内浄水場から少し上流に進んだあたりは藪漕ぎをしなくても入渓できるポイントが続きます。

サイズは期待できませんが、ヤマメの魚影は濃く、手軽に釣りたい方や初心者の方におすすめです。

釣り場が広いのでフライフィッシングの練習にもぴったしです。

大志田駅付近

先ほどの浄水場よりさらに上流に車を走らせ、大志田駅のあたりまでくるとかなり道が狭くなってきます。

舗装されていない砂利道へと切り替わり、渓流らしい姿へと変わってきます。

土砂崩れや落石などもあるので十分注意してください。

米内川

写真は米内川に流れ込む支流です。

いくつもの沢が流れ込んでおり、本流を狙うよりもポイントを絞りやすいというメリットも。

このあたりからヤマメだけでなくイワナも釣れはじめ、上流に行けばいくほどヤマメよりもイワナの数が多くなってきます。

米内川は遊漁券が不要?

米内川は遊漁券が必要ありません。

ふと釣りに行きたくなったときに手軽に行けるのが米内川の良さですね。

米内川で釣りをしよう

米内川

今回は盛岡市を流れる米内川の渓流釣りポイントをご紹介しました。

遊漁券が必要ない分、釣り人も多い米内川ですが、釣りができるポイントも多いのでぜひ一度釣りにいってみてください。

初心者の方は米内浄水場~大志田駅あたりまでを目安に釣りをしてみるといいのではないでしょうか。

普段から渓流釣りをしている方には上流部や浅岸駅周辺もおすすめです。

ここまで来ると秘境ですので危険も増えてきます。

準備や注意を怠らず、楽しく安全に釣りをしてくださいね。