【芦ノ湖トラウト】解禁直後の芦ノ湖を攻略!まさかの特別ゲストに大興奮

芦ノ湖

神奈川県の箱根に位置する芦ノ湖は、ニジマスをはじめとするトラウトフィッシングが盛んな湖として知られています。

3月1日に芦ノ湖の釣りが全面解禁となりますので、この季節になると全国各地から芦ノ湖フリークが集まってきます。

春休み中の息子を連れて平日の芦ノ湖のへといざ出陣!

moto
まさか芦ノ湖であんな大物ゲストに遭遇するとは…。


芦ノ湖のトラウト釣りとは?

芦ノ湖トラウト

トラウトの聖地としても知られる芦ノ湖は3月1日の解禁を皮切りに、通年通してトラウトフィッシングが楽しめる湖として知られています。

釣れる魚はニジマス、ブラウントラウト、ヒメマス、イワナ、ブラックバスなど魚種も豊富で、何が釣れるか分からない楽しみもあります。

さらにトラウトの放流だけでなく、ブラックバスの放流も頻繁に行われているため、釣り好きにはたまらないフィールドとなっています。

これもひとえに芦ノ湖漁協の皆さま、芦ノ湖を拠点として活動する山木プロなどの努力の賜物と言えます。

芦ノ湖のおかっぱりトラウトポイント3選

芦ノ湖トラウト

今回の釣りでは「解禁直後」のトラウト狙いで釣行しました。

ここ最近暖かいのであわよくばバスも・・・なんて気持ちでしたので、基本はバス釣りのタックルで挑みました。

moto
そもそもトラウトタックル持ってないのですが。

今回も子連れということもあり、足場の良い実績のあるポイントに絞って粘りの釣りを展開しました。

家族連れでも安心して1日楽しめますので参考にしてください!

①元箱根港

ボート乗り場が点在する元箱根港は、足場が護岸されていて家族連れでも釣りがしやすいポイントになっています。

無料駐車場も完備されているため、一級ポイントとして常に人がいるような場所です。

船着き場ということもあり、足元から深くなっていますのでトラウトの回遊が期待できます。

さらに沖には岩やウィードが点在していますので、ベイトフィッシュも豊富で実績度No.1のエリアです。

効率よくミノーでサーチしたのち、スプーンで丁寧に探っていきましょう。

②箱根港

こちらも遊覧船の船着き場になっていますので、足元から水深のあるポイントになります。

沖にはウィードも豊富に茂っていますので、常にベイトフィッシュが集まっていることからトラウトの回遊も頻繁に見られます。

今回の釣行では運よくトラウトを放流するタイミングに遭遇しましたので、もはや管理釣り場状態のお祭り騒ぎでした。

③湖尻湾

湖尻湾は芦ノ湖最大のアウトレットとなる早川水門があります。

ブラックバスのポイントとして有名ですが、水流によってできた地形の変化やウィードにベイトフィッシュが多く絡んでいる一級ポイントです。

ここではシャッドなどでブレイクを丹念に探る釣り方が吉となります。

芦ノ湖のトラウト釣りテクニック

芦ノ湖でトラウトフィッシング

今回は3月の解禁直後ということもあり、比較的イージーな展開を想定していましたが、そんなにうまくはいきません。

トラウトの居場所を把握することが攻略のカギとなりますので、表層付近~ボトムまで丹念に攻めていきましょう。

回遊の状況で釣り方が刻一刻と変化していきますので、同じルアーでもフォールのカウントを変えてみたり、リーリングに変化をつけて釣りをしましょう。

芦ノ湖のトラウト放流

タイミング次第ですが、放流に遭遇できれば管理釣り場状態で入れ食いタイムに入れます。

放流トラウトが水に慣れるまで10~15分掛かりますが、そこからはスプーンでひたすら釣れ続けるので、初心者の方でも簡単に釣ることができます。

芦ノ湖のトラウトタックル

芦ノ湖トラウト

本格的に狙う方以外は、普段使用しているバス釣り用のタックルで問題ありません。

筆者はあわよくばブラックバスも釣れるかな?という気持ちで今回釣行しましたので、メタルバイブが扱えるタックルを準備していきました。

管理釣り場用のULのタックルですとパワー不足が否めないので、初心者の方は扱いやすいバス釣り用のULのタックルを準備しましょう。

moto
放流があると知っていたらスピニングタックルをメインにしていました。

ロッド

スピニングタックル1本あれば芦ノ湖のトラウト釣りは問題ありません。

スプーンをメインに使用する場合は、6.6~7fくらいの長さでULアクションのロッドを用意しましょう。

ウェーディングをする方は7f以上のロッドを使用しますが、足場の良い護岸エリアで釣りをする場合は扱いやすい適度な長さがおすすめです。

リール

リールの番手は2000~3000番のノーマルギアが扱いやすいのでおすすめです。

もちろんバス釣りで使用しているリールで問題ありません。

ギア比に関してもノーマルギア、ハイギヤどちらでもOKですので、普段使い慣れているリールをチョイスしましょう。

ライン

バス釣り用に太めのラインを巻いている方は、扱うルアーに応じてラインを巻き替えておきましょう。

スプーンを中心に使う場合は、3lbのフロロカーボンかPE0.2号+フロロカーボン4lbのリーダーをセットしましょう。

ミノーでブラウントラウトを狙う場合は、フロロカーボンの4lb~6lbあれば不意の大物が掛かっても安心です。

管理釣り場のように細すぎるラインですと、大物やストラクチャーに巻かれた瞬間に切れてしまうので注意しましょう。

芦ノ湖のトラウト釣りおすすめルアー3選

ここからは、芦ノ湖でトラウトを狙うために必要なおすすめルアーをご紹介していきたいと思います。

あまり手を変え品を変えルアーローテーションするよりも、これからご紹介するルアー3種をフィールドの状況に応じて使い分けるくらいの気持ちで投げ倒してみましょう。

トラウトは湾内を常に回遊していますので、タイミングさえ合えば小難しいテクニックなどは不要なのです。

①スプーン

今回の釣行でも頼りになったのは紛れもなくスプーンです。

特に放流直後の反応は異常で、筆者がメタルバイブで1匹釣っている間に息子は5匹以上スプーンで釣っていました。

基本操作はギリギリ沈まないくらいのスピードでただ巻きをすること。

ブラウントラウトはチョンチョンとアクションを入れながらリーリングすると、どこからともなくすっ飛んできてバイトしていました。

カラーはダーク系とチャート系の2種類をローテーションして反応を探りましょう。

並木プロ

なんとYouTubeの撮影で居合わせた並木氏は普段では見ることのできないスプーンさばきでトラウトを釣りまくっていました。

スプーンでもマシンガンキャストでさすがの一言です。

②メタルバイブ

ブラックバス用にメタルバイブをしゃくっていたところ、ブラウントラウトに限ってはスプーンに負けじとバイトを連発しました。

基本はただ巻きで、ギリギリバイブレーションするくらいのスピードでリーリングするとバイトまで持ち込みやすかったです。

筆者の経験談としては「アカキン」が定番の芦ノ湖カラーになります。

③ミノー

今回の釣行ではキャッチまでとはいきませんでしたが、芦ノ湖のトラウト狙いでは欠かせない定番ルアーとなります。

使い方はただ巻きからトゥイッチング、グリグリメソッドなど、リーリングとロッドワークで使用方法は無限大といってもいいくらいです。

回遊のトラウトが回ってくるまでとにかく投げ続けることが大切です。

芦ノ湖のトラウト釣りまとめ

芦ノ湖ブラウントラウト

子連れでも安心して釣りができる芦ノ湖は、エンジョイフィッシングでも60cmオーバーのスーパーレインボーに出会えてしまう可能性を秘めている湖です。

トラウト狙いでブラックバスが釣れたり、ブラックバス狙いでブラウントラウトが釣れたりと、釣り上げるまでがとても楽しみな湖となっています。

今回の釣行では運よく放流の瞬間に居合わせたことで爆釣を楽しむことができました。

さらには世界のT.並木プロや、ユーチューバーのSARUさん(スペースモンキーズTV)、さとちんさん(さとちんTV)の撮影現場に居合わせるという神がかりな釣行となりました。

SARUさん さとちんさん

有名人にも会えるかもしれない芦ノ湖に是非足を運んでみてください!

moto
並木さんは中学時代からの憧れの存在です!

投稿者プロフィール

moto
moto
バス釣り歴20年。基本的に魚自体が好きなのでなんでも釣れれば嬉しいです!主に関東県内の川・湖・野池で釣りを楽しんでおります。ここ数年、年に1度の琵琶湖遠征が非常に楽しみの一つでもあります。私もサラリーマン向けのブログを運営していますので是非チェックして下さい!