【精進湖】富士五湖なのにバス釣りは不人気?精進湖のバス釣りおすすめルアー

精進湖

富士五湖の一つ、精進湖のバス釣りをご紹介いたします。

精進湖でのバス釣りにおすすめのルアーやフィールドの特性など、精進湖でバス釣りをしようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

精進湖のバスはアベレージこそ小さいものの、バスのストック量はかなり多く数釣りが楽しめる湖です。



精進湖はどんなフィールド

精進湖は富士五湖の中でも1番小さく、おかっぱりメインのフィールドです。

精進湖はヘラブナ釣り発祥の地として有名ですが、バス釣りとしての知名度は低いかもしれません。

ただバスの餌になるワカサギなどの小魚がたくさんおりバスの生息数も多いです。

しかし河口湖や山中湖と違い精進湖ではバスの放流を行っておりません。

フィールドの狭さもありバスの大きさはやや小さめです。

アクセスは河口湖インターをおりて国道139号線を本栖湖方面に向かうと途中に見えてきます。

精進湖でのバス釣りにオススメのルアー

精進湖

これは富士五湖全般に言えることですが精進湖もやはりワカサギパターンで、ミノーやギル系ルアーがメインとなってきます。

ただしあまり大き過ぎるルアーを使うと精進湖のバスは小さめなので釣果が落ちてしまう可能性があります。

精進湖は富士五湖の中でも特に栄養価の高い水のため常に緑っぽく濁っています。

そのため、派手なカラーのルアーがおすすめです。

また精進湖はワームの使用も許可されているのでワームを使って攻めることもできます。

リズムウェーブ(ジャッカル)

ワカサギパターンならば間違いなくリズムウェーブの2.8インチがおすすめです。

どんなリグり方でもOKです。

ワームが使える精進湖ならではの攻め方ですね。

パブロシャッド(シマノ)

繊細なアクションでバスを引き付けます。

チャート系を中心に2~3カラーをローテーションするのがおすすめです。

チビタレル(ジャッカル)

ギル系ルアーの中でもサイズが小さめなチビタレルがおすすめです。

ただ巻きで追わせてトゥイッチで食わす、最高に気持ちいいです。

コンパクトで使いやすいのもメリットですね。

ピーナッツII (ダイワ)

巻きの釣りで幅広く探りたいときはクランクがおすすめです。

よく飛び・よく泳ぎ・よく釣れる。

これに限ります。

精進湖でのバス釣りの釣果は?

精進湖のバス

私が精進湖で釣りをしていて1番大きいバスは38センチでした。

正直いうと野池で釣れるバスとほとんど変わりませんよね。

私の知人は精進湖で50オーバーのバスを釣っていましたが、そのサイズのバスが釣れることはかなり稀です。

やはりフィールドが狭い割りに魚の数が多いのでそれも原因でバスが大きくならないのだと思います。

しかしプレッシャーが低いためにバスがスレておらず、数釣りはかなり楽しめるフィールドです。

また精進湖は富士五湖の中では唯一夜釣りが許可されています。

そのため夏の夜に精進湖でバス釣りをするのがおすすめです。

また精進湖は夏の日中でも比較的涼しい場所に位置しているので他のフィールドに比べて釣りやすいです。

精進湖でのバス釣りアドバイス

精進湖

精進湖は沖の方に釣り禁止エリアやヘラブナ釣り用のロープが張られています。

そのため、ボートフィッシングでも釣りポイントが限られてきます。

精進湖で釣りをするなら基本的にはおかっぱりがメインとなるでしょう。

余談ですが、雨で増水した後は精進湖の南端(精進郵便局の方)に大きな水たまりができあがります。

この水たまりに取り残されたバスを狙ってみるのも面白いですよ。

タイミングがあえばぜひ訪れてみてください。