【釣り&観光】屈斜路湖の魅力を徹底解説!ニジマス釣りにカヌーに鏡の間!

屈斜路湖のトラウト

北海道・屈斜路湖の釣りと観光をご紹介します。

釣りはジグ遠投でのニジマス(レインボートラウト)狙い。

行くからには魚を釣りたい!もし釣れなくても、行って良かったと思いたい!

釣れても釣れなくても行ってよかったと思える、屈斜路湖の魅力を全力でお伝えしていきます!



屈斜路湖について

屈斜路湖

屈斜路湖は北海道の東、弟子屈町に位置する国内最大のカルデラ湖です。

だいぶ昔に起きた地震の影響でしばらく魚が棲める水質ではなかったのですが、地域の人の努力で今はすっかり復活した歴史のある湖です。

とにかく行ってみればその大自然に魅了されること間違いなしのロケーションです!

4月〜湖が凍るまでルアーフィッシングに挑戦できますが、私のオススメする時期は5~6月と11月~12月初旬です。

屈斜路湖で釣れる魚

屈斜路湖のトラウト

屈斜路湖を訪れる釣り人はこの魚を釣りたくて、何度心を折られても足繁く通っているんだと思います。

私もその一人・・・。

その魚はシルバーメタリックに輝くニジマス(レインボートラウト)です!

一度ヤツらとのファイトを味わうと、病みつきというか中毒になるんです!

他にもアメマス、ウグイ、秋頃にはインスタ映えのヒメマスが釣れますが、私のメインはやはりニジマスです。

屈斜路湖での釣りテクニック

屈斜路湖のトラウト

今回はルアーフィッシング、メタルジグを用いた遠投での釣りに限って進めていきたいと思います。

フライやスプーンなどで近場のポイントを狙う釣り方もありますが、私はあまり得意ではないので^^;

使用するルアー25~35gぐらいのメタルジグ。

色はアカキンが超オススメ!

基本は早巻き、あとは緩急をつけたり、根がかりしない程度にゆっくり巻いてあげればニジマスは釣れます。

程よく風と波がある日が狙い目。

ベタ凪は渋いです!

もちろんテクニックも大事ですが、それよりも一番大事なことは「諦めず竿を振り続けること」そう信じて私は通い続けています。

屈斜路湖でのニジマス実釣偏

ということで屈斜路湖にやってきました。

もちろんターゲットはやはりニジマスです! 

外の気温は氷点下。

ガイドが凍るか凍らないかのギリギリの条件です。

※ちなみにガイドが凍ってしまうと本当に釣りにならないので、冬場に行く際はラインをナイロンに変えた方が無難です。

まだ薄暗い中、実釣スタート!!

開始早々その瞬間はやってきます。

AM6:00ごろ、早巻きで巻いていると、

「ゴンッ!」

とリーリングを止められる明確なバイト!

「きたぁ〜〜〜!!」

さすが屈斜路のレインボーは引きが違います。

ドラグ音鳴りまくりです!

そしてニジマス特有のジャンプ!しかも3連!

あの瞬間はヒヤヒヤなんですが、たまらないんですよね。

朝イチの貴重な1本を無事ランディング。

屈斜路湖のトラウト

お話していたシルバーメタリックはこれです!

何度見ても美しい〜〜☆

屈斜路湖のメタリックシルバー

このサイズでも十分引くのが屈斜路湖のパワフルなニジマスです!

そうこしているうちに日が昇り

屈斜路湖の夜明け

何度見てもこの日の出の瞬間がたまらない(T_T) 

ただただ見惚れてしまう。

行ったらぜひ見てほしい景色の1つです!

その後、ライズはあるもののノーバイト

日も完全に昇り、本日はこれにて終了です。

屈斜路湖での釣りは釣果なしというのも日常茶飯事です。

難しいからこそ、出会えた時の喜びは半端じゃありません。

また必ず釣りに来たいと思います。

屈斜路湖で釣りをする時のルール

屈斜路湖

屈斜路湖には漁業権が存在しないので自由に釣りをしてOKです。

ですが、大切な資源ですので持ち帰らず、キャッチアンドリリースするようにお願いします。

もう一つ注意したい点は、停車に関して。

この辺は農家さんの畑が多く、農家さんの私有地に勝手に車を停めて問題になっているケースがかなり多いです。

気持ちよく釣りをするためにも、自分優先ではなく周りに配慮した釣りができる環境を一緒に作っていきましょう。

屈斜路湖周辺のオススメ観光地

実際に体験したからわかる超オススメツアーがこちら

釧路川源流プライベートカヌーツアー!!

オススメ度★★★★★

屈斜路湖でカヌー

とにかく体験したらわかります。

贅沢の極みといっても過言ではないと思います!

こんな場所が、誰にも汚されず残っているんです。

そう思うくらい綺麗すぎました。

そして最も驚いたのが・・・

鏡の間

鏡の間と呼ばれる湧水のスポット!

これ透明度!

そしてこの鏡の間のお水、、、飲めるんです!

天然のミネラルウォーター最高です。

ペットボトル持ってくれば良かった~

そしてふと思う。

「あぁ、このお水でコーヒー淹れちゃったらどんなに美味しいことか・・・」

淹れちゃいましょう!

鏡の間の水でコーヒー

今まで飲んだ中で一番美味しいと思えるコーヒでした。

個人的には体験する時間帯は朝イチがいいです。

朝の日が低い時間帯のほうが、水面がキラキラして綺麗ですし、日中はなかなかお目に掛かれない小動物などと出会える確率が上がります。

そして、終わってからもたっぷり時間があるので、近くにあるイタリアンカフェで休憩がてら美味しいピザを食べたりも☆

この記事を読んでるあなたも屈斜路湖に行ってみたくなったのではないでしょうか?

屈斜路湖でカヌー

屈斜路湖の釣りまとめ

屈斜路湖

今回は屈斜路湖の魅力をお伝えしていきましたが、”釣れても釣れなくても行ってよかったと思える”という意味が少しでも伝わったでしょうか?(^^)

決してアクセスが良いとは言えませんが、それでも行く価値は大いにあります。

ぜひ、機会があれば足を運んでみてください。

次はフィールドでお会いしましょう!