【埼玉】柳瀬川のバス釣りポイント!スモール&ラージ攻略

スモールマウスバス

今回は埼玉県を流れる柳瀬川のバス釣りポイントと攻略法をご紹介いたします。

柳瀬川ではラージマウスバスだけでなく、スモールマウスバスも多く生息しています。

あまり有名な河川ではないからこそ、プレッシャーも高くない穴場的な釣りポイントとなっています。



柳瀬川について

柳瀬川

柳瀬川は狭山湖・多摩湖を水源とする一級河川で、空堀川と合流したのちに新河岸川へと注ぎ込みます。

休日にはアユ釣りをしている方も多い柳瀬川ですが、バス釣りの隠れた名所となっています。

柳瀬川のバス釣りポイント

かっぱ像周辺

比較的流れの緩やかなポイントとなっておりビッグマウス、スモールマウス共に釣ることが可能なポイントです。

ジャッカルのデラクーを知人におすすめされたので実際に私も使ってみたところ、他のルアーに比べかなり魚の反応がよかったように感じました。

清瀬水再生センター裏

温排水が流れており、1年を通して数釣りを楽しむことができます。

冬でもベイトが多く、魚の活性が高い人気ポイントです。

柳瀬高校前の水門

他のポイントに比べ水深が深くなっており、ベイトやバスが溜まりやすくなっています。

冬場のディープ狙いも楽しめるポイントです。

いろは親水公園

新河岸川との合流地点にある公園が「いろは親水公園」となります。

ファミリーで散歩がてら釣りをするのにおすすめのポイントです。

抑えるべきポイント

柳瀬川で釣りをする際はビッグマウスとスモールマウスの両方を狙っていくのがおすすめです。

巻きたい方はスピナーベイト、ボトムを探りたい人はイモグラブを使って攻めてみるといいのではないでしょうか。

また、岸際の回遊しているバスが多いので、ポイントに入る際は慎重に入るように心がけましょう。

まとめ

今回は柳瀬川のバス釣りをご紹介しました。

柳瀬川は温排水もあり、魚のいる場所が絞りやすい川ですので、興味を持った方はぜひ訪れてみてください。

スモールマウスの釣り方を詳しく知りたい方にはこちらで詳しく解説しておりますので、ぜひご覧いただければ幸いです。