『バスが外道!?』子供と一緒に相模川でカジカを釣って遊ぶ!

相模川

みなさんはカジカを釣ったことがありますか?

普段はバス釣りに勤しんでいる私ですが、今回は日本の在来種でもあるカジカを狙ってみようという企画です。

積極的にエサを追いかけ回す習性からファミリーフィッシングにおすすめなターゲットです。

難しいテクニックは不要、水遊びを兼ねて川に出向いてみてはいかがでしょうか?

moto
今回も毎度お馴染みの相模川釣行です!


カジカとは?

カジカ

「カジカ」はカサゴ目のカジカ科に属する魚ですので、見た目はカサゴにとてもそっくりです。

地方によっては「ドンコ」とも呼ばれますが、ドンコはスズキ目ドンコ科の魚なので全くの別魚ということらしいです。

カジカの主な住処は水が澄んでいる上流域から中流域で、比較的水の流れが穏やかな岩場の陰などに潜んでいます。

カジカの主食となるのは水生昆虫や小魚で、大きな口で丸のみしてしまうどう猛なハンターでもあります。

相模川でバス釣りをしていると、ギルのような「コココッ」という小気味いいアタリがあったりします。

moto
しかも針掛かりするまで何度も食いついてくるんです…!

カジカ釣りの時期

カジカを狙う時期はバス釣りシーズンと変わらず春~秋がおすすめです。

特に産卵の時期になる2月~5月は荒食いするせいか果敢にエサにアタックしてきます。

しかも春先は特に大型カジカを狙えるチャンスもあるのでぜひ足を運んでみてください。

※河川によっては禁漁期間や釣り方のルールがあるので、各河川の組合のサイトで確認しておきましょう。

カジカの釣り方

相模川でカジカ釣り

カジカと言えば見釣りが有名ですが、専用の竿や箱眼鏡などが必要です。

バス釣り用のスピニングタックルのままでもカジカ釣りはできますので、今回は普段のバス釣りタックルでカジカ釣りをしてみます。

カジカの口のサイズは大きいので、小さめのマス針でも問題なくカジカを釣ることができました。

ただし、カジカの小気味いい引きを味わいたいという方は、1mくらいの万能竿などがおすすめです。

流れが緩やかな浅瀬であれば、短い竿で川に入りながら釣りするのもカジカ釣りの醍醐味です。

ゴロタ場にカジカは身を潜めていますので、石の隙間にエサやワームを滑り込ませてちょんちょんと誘ってみましょう。

食欲旺盛なカジカはひとたびエサを見つけると積極的にエサに食らいついてくるので、子供でも楽しめるゲームフィッシュなのです。

moto
釣り堀のスレた魚より釣りやすいです。

ルアーで狙う場合

  • ULのスピニングタックル
  • ちぎったワームをスプリットショットリグにセット(フック#2~3)

アジング用のワームや毛鉤でも釣れました!

エサ釣りの場合

  • 1mくらいの万能竿竿
  • ハリス:0.6~0.8号
  • 針:5~7号
  • エサ:ミミズ、ベニサシ、アカムシ、川虫(基本何でも食べます)

見釣りならガン玉など余計なものは無くても大丈夫ですが、岸から釣りをする場合はガン玉を付けてベタ底で狙いましょう。

カジカって食べれるの?

川のカジカ

川で釣れるカジカは塩焼きや唐揚げ、お刺身で食べることができます。

石川県のゴリ料理なんかが有名ですね。

他にもカジカの骨酒というのが通を唸らせる贅沢な一杯と言えます。

筆者はキャンプ中に飲んだことがあるのですが、炭火でじっくりと焼き上げたカジカを日本酒にそのまま入れて飲む一杯は贅沢の一言です。

旨味エキスが濃厚でフグのヒレ酒にも似た上品な味わいが身体に染みわたります。

「カジカ」と一口でいっても東北や北海道では海で取れる種類のカジカを指すことが多く、サイズも30㎝から大きい個体では60㎝を超え、ちょっとしたアンコウみたいなイメージです。

関東圏のお店であまり見かけることはありませんが、実は高級料亭で出されるほどの「高級魚」として珍重されています。

ケムシカジカ

※画像はケムシカジカ

海で釣れるカジカは鍋でいただくことが多く、特にトゲカジカを使った鍋は絶品で「鍋こわし」とも言われています。

moto
鍋が壊れるほど取り合いになってしまうくらい美味しいという意味みたいです。

「鍋こわし」ではありませんが、カジカ鍋を食べてみたいという方はこちらからカジカを購入できますので、ぜひ試してみたくださいね。

カジカについてまとめ

相模川でカジカ釣り

今回は普段のバス釣りから脱線してみて、子供でも楽しめる川釣りをご紹介してきました。

これから暖かくなる時期ですので、川に入りながらカジカを狙うのも楽しい釣り方です。

大人にとっては外道でも子供にとっては楽しい1匹、きっと喜んでくれることでしょう。

ぜひとも週末は川にカジカを釣りにいってみてはいかがでしょうか。

moto
そして、私が運営するブログ「小金持ちライフ」にもぜひ遊びにきてくださいね!

投稿者プロフィール

moto
moto
バス釣り歴20年。基本的に魚自体が好きなのでなんでも釣れれば嬉しいです!主に関東県内の川・湖・野池で釣りを楽しんでおります。ここ数年、年に1度の琵琶湖遠征が非常に楽しみの一つでもあります。こんな私ですがよろしくお願いします。