30センチ越え間違いなし!立会瀬港メバル釣り

メバル

今回は茨城県日立市の「日立会瀬港」でメバルを狙います!

日立会瀬港は、茨城県で唯一の大型定置網漁業と一本釣り・さし網等の沿岸漁業の基地であり、古くから船舶の停泊避難地として利用されてきた漁港です。

周辺には海水浴場があり家族や友達と海水浴にくるのも良いかもしれません。また、漁港の隣には「会瀬青少年の家」があり夏になるとスポーツ少年団の合宿として使用されたりします。



日立会瀬港へのアクセス

所在地:茨城県日立市久慈町1丁目5-23

国道245号より会瀬町一丁目交差点を曲がり会瀬港へ

日立会瀬港での狙える魚種と注意事項

日立会瀬港での主な釣り方としては、「サビキ釣り」「投げ釣り」「ウキ釣り」「ルアー釣り」での釣り方が楽しめます。

釣れる魚種は、アジ、イワシ、メバル、カレイ、アイナメ、イシモチ、クロダイ、メジナ、ウミタナゴ、シロギス、シーバスなどなど。

日立会瀬港で釣りを楽しむ為の注意事項としては、港内なら「サビキ釣り」「チョイ投げ」「ウキ釣り」で楽しむのでライフジャケット等があれば十分かと思います。また、港内には多くの漁船が停泊していますので漁船には注意が必要ですね。

外海側堤防での釣りについては、ライフジャケットとスパイクブーツを装着されることをおすすめします。また、堤防の内側はあまり波を受ける心配は無いのですが、外海は予想以上に波が高く、波を被らないように注意する必要があります。

日立会瀬港での釣果

今回はライトタックルでメバルを狙っての釣行です。

ロッド:メジャークラフト – 999.9 (フォーナイン)マイスター。
リール:アブガルシア – mgx 2000s
ライン:エステルライン(2lb)
リーダー:ナイロン(3lb)

夕マズメをメバリング(メバル用の小さめのワーム)で攻めていきます。

港内のポイントからスタート

港内は、漁船が停泊しているので注意しながらメバルのポイントを探る事にしました。

ヘチ周りを中心にメバルの居そうなポイントを隈なく探したがヒットならず…。

日立会瀬港

※写真は日中の漁港です。

次は、内側の堤防を攻めます

内側の堤防は外側の堤防と違って海面から約2mの高さしかありません。ライトタックルの釣り人にはかなり釣りやすいポイントです。

メバルが隠れていそうなテトラ帯や水中にある障害物を丁寧に探くもアタリはなし。

4時間程粘ってみましたが、メバルがヒットすることはなくこの日は納竿となりました。

日立会瀬港

※写真は日中の漁港です。

外側堤防も一級ポイント

湾の外は波が高く危険が伴いますが、こちらも一級の釣りポイントです。特に先端部は潮通しがよく大型の魚が回遊してきます。

クロダイやシーバスを狙うならこちらがおすすめ。湾外は根が点在しているので根掛かりに注意が必要です。

ヘチ周りには大型のメバルやカサゴが居ついいるので、堤防の端から端まで根気良く探りましょう。

メバル

過去には30センチ越えのビッグメバルが釣れた実績もあります。

日立会瀬港での釣りまとめ

「日立会瀬港」では、小さい漁港でもサーフ(砂浜)、漁港、堤防、岩礁帯、テトラと様々な良質なポイントがいくつもあるので、海で釣りを楽しむには良い環境になっています。

近くの海水浴場で海水浴を楽しむこともできるのでファミリーにもおすすめできる釣り場です。

投稿者プロフィール

kihappy2014
kihappy2014
駆け出しWEBライターです。主にアウトドア系の記事を書いています。楽しく、一生懸命をモットーに頑張りたいと思います。