【初心者向け】おかっぱりシーバスロッドの選び方とおすすめのメーカー

シーバス

シーバス初心者の方、これからシーバス釣りを始めたいという方のために、シーバスロッドの選び方をご紹介します。

シーバスロッドにはたくさんの種類があり、長さや硬さなど、フィールドにマッチしたロッドを選ぶ必要があります。

この記事が初めてシーバスロッドを購入する方の参考になれば幸いです。



シーバスロッドの選び方

ロッドの長さ

シーバスロッドの基本的な長さは7.6フィートから9.6フィートです。

しかしフィールドやシチュエーション次第で最適な長さは変わってきます。

サーフや大規模河川、磯でのヒラスズキをメインにされる方は10フィート~12フィートのロッドがメインとなります。

逆にボートシーバスの場合は長いロッドだと邪魔になってしまうので、6フィート~7フィートのロッドをチョイスすることが多いです。

おかっぱり初心者の方は8.6フィートを選ぶと長すぎず短すぎず扱いやすいのではないでしょうか。

まずは扱いやすいロッドから試してみて、本格的に自分が攻めたいフィールドが決まったところで、そのフィールドにマッチしたロッドを購入するというのが私のおすすめの流れです。

ロッドの硬さ

初心者の方にとってはロッドの硬さもたくさんあり、悩ましいところだと思います。

最初の一本目としては硬すぎず柔らかすぎないML(ミディアムライト)が扱いやすくおすすめです。

バチシーバスではシーバスの吸い込みが弱く、食い込みをよくするためにMLよりも柔らかいロッドが選ばれます。

スピニング or ベイト

初心者の方にはスピニングがおすすめです。

スピニングであればバックラッシュすることもなく、簡単に飛距離を出すことができます。

2500番~3000番のスピニングリールにPEラインの0.8~1.5号を200メートルほど巻いてあればOKです。

近年、おかっぱりシーバスでもベイトリールを利用する方が増えていますので、バス釣りを長くやっていてベイトリールの方が慣れているという方はベイトでもいいかもしれませんね。

シーバスロッドのおすすめメーカー

メーカーによってそれぞれ特徴があるため、自分に合ったメーカーのロッドを選ぶというのもありです。

どのメーカーがいいのかよくわからない…という方のために、おすすめのメーカーのエントリーモデルをいくつかピックアップしました。

ダイワ

言わずと知れた有名メーカーですので、初心者の方でも安心してお使いいただけます。

「リバティークラブ」は1万円前後のお手頃価格なので最初の一本に最適です。

シマノ

こちらも大手の釣具メーカーのシマノから、ルアーマチックシリーズがおすすめです。

こちらも1万円程度で購入できるお手軽なロッドとなっています。

メジャークラフト

メジャークラフトの魅力は、何と言っても低価格で高品質というコストパフォーマンスの高さです。

ファーストキャストシリーズはダイワやシマノと比べて価格は安く、使い心地は劣りません。

自分のフィールドにマッチしたロッドを選ぼう

シーバス

これからシーバスを始めたい方向けにシーバスロッドの選び方、そしておすすめの最初の一本をご紹介しました。

釣行を重ねるにつれて、フィールドの特徴、使いたいルアー、ロッドの重さなど、自分がどんなロッドが必要なのかわかってくると思います。

みなさんのシーバス釣りライフが楽しいものになることを願っています。