夏の多比港はタコ釣りが熱い。5キロ超えも夢じゃない

静岡県沼津市、江浦湾の多比港のタコ釣りをご紹介します。

多比港ではマダイやクロダイ、タチウオなどの大型の魚から、カサゴやハタなどの根魚、アジやサバ、カマスなどの回遊魚まで様々な釣りを楽しむことができます。

しかし夏の多比港で一番面白いのタコ釣りです。5キロ超えのタコも夢じゃないですよ!



多比港について

多比港の湾内には船やヨットが停泊しており、釣り座は少し狭く感じるかもしれません。船と船の間はルアー釣りが禁止されているので要確認です。

駐車スペースは十分にあるので、車でお越しの方でも岸壁近くに停めることが可能です。

近くには釣具屋(山文つり具店)があるので、釣り餌や仕掛けなどで足りない物はこちらで買い足すこともできますよ。

多比港で釣れる魚

多比港では釣れる魚種が多く、様々な釣りを楽しむことできます。

フカセ釣りやカゴ釣りで防波堤からでもマダイやクロダイを釣ることができるほか、夏場はナブラが頻繁に発生するので、メタルジグでイナダやタチウオをを狙うことができます。

ナブラ:イワシなどの小魚が群れが大きな魚に襲われて海面をパシャパシャと逃げ惑う様子

春と秋には大型のアオリイカが回遊してきます。活性が高くなると日中でもエギや餌を追いかけてくるので驚きです。

防波堤の脇には岩場が点在しており、カサゴやハタなどの根魚を狙うこともできます。

サビキではイワシ、アジ、ムツなどが釣れるので、小さいお子様でも楽しむことができます。しかし、アイゴやゴンズイが釣れることもあるので注意が必要です。

アイゴやゴンズイの背びれ・胸びれの棘に刺されると患部がパンパンに腫れるうえ、数時間に渡り激痛が走ります。

多比港でのタコ釣り

多比港では夏になるとマダコ釣りの人で賑わいます。

タコは意外にも鶏肉が大好物のようで、タコテンヤに鶏ササミを括り付けた仕掛けでタコを狙います。

できるだけ沖に向かって遠投し、海底を這わせるようにズルズルと引きずってくると、急に重さを感じる瞬間がやってきます。

一呼吸おいてから合わせをし、タコをフッキングさせます。

あまりにも重たく、一人では持ち上げられなかったため、近くにいたおじ様がモリを持ってきてくれてなんとか釣り上げることができました。

タコは防波堤のヘチ周りにくっついてしまうとなかなか離れないの注意が必要です。

タコ

タコ釣りの餌は活きたカニを使うのがセオリーですが、餌の用意が大変ですし、餌持ちを考えると鶏肉の方が使い勝手がいいです。

魚肉ソーセージや豚肉でも釣れますので、水中で身崩れしない餌なら割となんでもいいのかもしれませんね。

もちろん匂いが強い餌の方が良いでしょう。

多比港での釣りまとめ

多比港は猫がとにかく多いです。

竿がしなっているのがわかるとすぐに寄ってきて、釣った魚を持っていってしまいます。

人懐っこく可愛いですが、注意してください。

猫

また、防波堤先端の灯台付近は足場が低く、風の強い日や潮位の高い日には波を被ってしまうので注意が必要です。

多比港は1年を通して多様な魚種を釣ることができますので、みなさんもぜひ一度遊びに来てみてくださいね。

投稿者プロフィール

りぃ
りぃ
全力で楽しむことをモットーにしている釣り女です!まだまだ経験浅く日々勉強中です!