【丹後半島】地磯でルアー釣り!巨大なヒラマサがヒットするも….

丹後半島の地磯で釣り

京都府に位置する丹後半島の地磯にルアー釣りに行ってきました。

ダイビングペンシルでヒラマサを狙っていきます。

やっとの思いで巨大なヒラマサがヒット!

しかし足元の磯でラインがすれる…..!



丹後半島の地磯釣り

丹後半島の地磯で釣り

10月初旬、丹後半島の地磯へプチ遠征釣行に行ってきました。

今回行った釣り場は丹後半島北部の岬の先端で、潮の流れもよく様々な魚種が釣れる地磯なのです。

アップダウンの激しい山歩き、ロープを使ってロッククライミングをしているかのような崖下り

かなり険しい道のりを越えていかなければなりません。

もちろん熊や猿といった野生動物と遭遇する危険もあります。

苦難を乗り越えて釣り場に着くと、目の前には遮るもの一つない青い海。

道中の疲れも一気に吹き飛ぶ最高のロケーションで釣りをすることができます。

丹後半島の地磯で釣れる魚

丹後半島の地磯で釣り

この釣り場はメタルジグやダイビングペンシルを使って、ブリやヒラマサなどの青物を狙う釣り人が多いです。

餌釣りではグレや真鯛、さらにキジハタなどの根魚も狙えます。

エギングでアオリイカを狙う釣り人も多く、様々な魚種を狙うことができる人気の地磯です。

ただし、波が高い時は自分の足場まで波が上がってくるので十分注意が必要です。

足場も急勾配や濡れているところが多く、命を守るためにもライフジャケット、フェルトスパイクの磯靴は必須ですよ。

丹後半島の地磯でルアー釣り

丹後半島の地磯で釣り

まだ薄暗い朝方。

釣り場へと到着すると風が少し吹いており、波が足場へと上がってきている状態でした。

同行していた釣友と無理せず安全第一を約束し、早速ルアーを投げ始めます。

しかし何を投げてもあたりのないまま時間だけが過ぎていきます。

お昼を過ぎ、周りの釣り人が続々と帰っていく中、ダイビングペンシルを投げて誘っていると……

バコッと水面が爆発し、何かがルアーに飛びついてきます。

もう一度誘うとゴツンと引ったくるような強いアタリに竿が大きく曲がります。

デカイ!

釣友にそう叫び、念願の魚とのファイトを楽しみます。

足元に見えたのは推定80cmオーバーのヒラマサです。

私も釣友も大興奮で私が網で取り込もうとしたそのとき。

ブチッという嫌な音とともにヒラマサは沖へと泳いでいきました…。

波がある為、一歩引いてファイトしていたのですが、魚が最後に強烈に引いた時に私のラインが足元の岩に擦れて切れてしまったのです。

リベンジに燃えその後も投げ続けますが、風がさらに強くなり危険と判断し止む無く釣り場を後にしました。

丹後半島の地磯釣りまとめ

今回の釣行では坊主に終わってしまいましたが、諦めず投げ続けることが魚と出会う1番の近道。

そのことを今回、身をもって経験しました。

大きな魚が釣れた時の喜びは釣り人にしかわからないものがあります。

今回の釣行を私は後悔はしていません。

あの時、一歩前に出ていたらあのヒラマサは釣れていたかもしれませんが、一歩間違えると自分が波で海に引きずり込まれていたかもしれません。

特に磯へ行く釣り人の皆さんには『命あっての釣り』だということをしっかり頭に入れて釣りを楽しんでもらいたいです。

投稿者プロフィール

S
S
磯からの青物をメインに、釣れたではなく釣ったをモットーにしている釣りバカです!