海釣りのエサって何を使えばいいの?狙う魚とおすすめのエサ

海釣り

海釣りのエサといえば、イソメやオキアミ、練エサにガルプなど、海釣り初心者の方は何を用意したらいいのか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では狙いたい魚種ごとのおすすめの釣りエサを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。



青イソメ

青イソメ

海釣りで使う虫エサで最もポピュラーな活きエサです。

ムカデのようなミミズのような、初めて見る人には少々グロテスクな青イソメですが、海釣りにおいてはこれさえあれば何とかなると筆者は信じています。

青イソメは口から釣り針を通すのですが、身体をくねらせながら噛みついてくるので気を付けてください。

噛まれるとちょっと痛いです。

青イソメの仲間で、岩イソメやジャリメなどもありますが、初心者の方は青イソメを購入すれば問題ないです。

青イソメは水中での活きの良い動きでアピール力が魅力、岩イソメは匂いが強く集魚力に特化、ジャリメは身が柔らかく食い込みの良さに定評があります。


【釣れる魚】
カサゴ、ソイ、メバル、カレイ、キス、ハゼ、アジ、カワハギなど

イソメの付け方

釣り針への一番簡単な付け方は「ちょん掛け」です。

イソメの顎の部分が固くなっているので、そこに針をちょんと刺しましょう。

キスやハゼなど小型の魚を狙う場合はイソメを2~3センチにカットすると食い込みが良くなります。

エサ持ちはあまりよくないので、慣れてきたら他の付け方も調べてみてください。

パワーイソメ(疑似餌)

ワームと呼ばれるゴム素材の疑似餌で、イソメが触れない人はこちらを使うのもありです。

しかし釣果は断然イソメの方が良いです。

活きたイソメはイソメ自身が動いてくれるのでアピールになりますが、パワーイソメの場合は釣り人がアクションを付けてあげる必要があります。

竿先で仕掛けを持ち上げたり落としたりすることで、エサが水中で動き、魚を誘う効果が出ます。


【釣れる魚】
カサゴ、ソイ、メバル、カレイ、キス、ハゼ、アジ、カワハギなど

冷凍アミエビ

サビキ釣りに欠かせないエサがこの冷凍アミエビです。

解凍したアミエビをコマセカゴに入れて使います。

サビキ釣りであれば針にエサを付ける必要はなく、カゴにアミエビを入れるだけなので簡単です。

イソメを触れない人でも安心です。

おすすめは冷凍アミエビですが、こちらのアミ姫は常温で長期保存可能です。

魚の活性が高いときはどちらを使っても問題ないですが、冷凍アミエビにしか反応しない日もあるので、できれば冷凍アミエビの方を用意しておきたいところです。


【釣れる魚】
アジ、イワシ、サバ、メバル、イサキなど

まとめ

海釣り

釣具屋さんに行くとたくさんのエサが売っていますが、初心者の方は青イソメから初めてみるのが良いでしょう。

どうしてもあの見た目は触れない…という方はパワーイソメを利用するか、冷凍アミエビを購入してサビキ釣りをするのがおすすめです。

海釣りに必要な道具などはこちらにまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

投稿者プロフィール

雄介
雄介
都内在住の釣り人です。あんまり釣れてないですが、とりあえず釣りが好きです。いつか釣り人と名乗れるようになりたいです。