【海釣り初心者必見】防波堤釣りに必要な釣り道具!

防波堤で海釣り

新たな趣味として海釣りを始めてみたい。

だけど道具は何を揃えればいいのかわからない。

そんな方のために防波堤で簡単に魚が釣れる釣り方と、必要な釣り道具、マナーなどをお伝えいたします。

一度でも魚が釣れれば、あなたも釣りの虜になること間違いなしです。



海釣りに必要な道具

海釣りをするのに最低限必要な道具としては、釣り竿とリール、仕掛け、エサ、などが挙げられます。

まずはどのセットを購入したらいいのか、釣り方・狙う魚種ごとに説明してきます。

もちろんその他にもあると便利な道具が多々ありますので、追って紹介していきます。

海釣り仕掛けと釣れる魚

サビキ釣り(アジ・サバ・イワシなど)

サビキ釣りはハリにエサを付ける必要がないので、イソメなどを触りたくないという方でも安心して始めることができます。

仕掛けの先にコマセを入れたカゴを付け、魚をおびき寄せ、ハリ先に付いた疑似餌で魚を釣ります。

リンク先のセットであれば竿、リール(糸付き)、サビキ仕掛け、カゴ、コマセがすべてセットになっているので、これだけで釣りを始めることができます。

ちょい投げ(シロギス・カレイ・ハゼなど)

ちょい投げは文字通り、防波堤から20m~30mくらい先に軽く投げる釣りです。

シロギスやカレイなど食べて美味しい魚を狙えるのがこの釣りの魅力です。

サビキ釣りと違ってイソメをエサとして使うので、サビキ釣りよりも少々ハードルが高いかもしれません。

こちらのセットも竿、リール(糸付き)、ちょい投げ仕掛けがセットになっていますが、エサのイソメは最寄りの釣具店で購入する必要があります。

便利グッズ

フィッシュばさみ

これがあれば魚を素手で掴む必要がなくなります。

毒や棘のある魚が釣れてしまったときにも活躍します。

プライヤー

釣れた魚の針を外すときに、ラインカッターとして、ルアー釣りをする人はスプリットリングの開閉に、様々な用途に使えるのでひとつ持っておくことをおすすめします。

水汲みバケツ

釣った魚を活かしておいたり、手を洗ったり、防波堤のコマセ汚れを洗い流したり、あれば便利な水汲みバケツです。

透明タイプだと横から魚を観察することもできます。

海釣りの服装

釣りをしていると時間を忘れて没頭することも……そんな時に気を付けたいのが日焼けです。

日焼け止めクリームはもちろんのこと、帽子や長袖の着用、そして偏向グラスの着用をおすすめします。

冬場は防寒が重要です。

防寒着の他にヒートテックやネックウォーマー、ホッカイロなど、思いつく限りの防寒対策をして釣りにいきましょう。

そして忘れてはいけないのがライフジャケットです。

誤って海に転落することもあるかもしれません。

必ずライフジャケットを着用していきましょう。

マナーについて

釣り人だけでなく、散歩や観光などの方々も訪れる海ですから、お互いマナーを守って気持ちよく釣りをしましょう。

ゴミは必ず持って帰る、キャストするときは周りに気を付ける、立ち入り禁止場所には入らないなど基本的なことですが、釣り場を守るためにも厳守でお願いします。

  1. ゴミは必ず持ち帰る
  2. 立ち入り禁止の場所で釣りをしない
  3. キャストするときは周りに気を付ける
  4. 小さい魚はリリースする
  5. ポイントに無理に割り込まない
  6. 迷惑駐車をしない
  7. 隣の人と距離が近い場合は挨拶しておく

釣り道具を揃えて海に行こう!

若洲海浜公園海釣り施設

さあ、もうみなさんは海釣りをすることができます!

道具を揃えて近くの防波堤へと遊びにいきましょう。

近隣の釣りポイントは釣具店の方に聞いてみると親切に教えてくれるはずです。

一度でも魚が釣れれば、あなたも釣りの虜になること間違いなしです。

投稿者プロフィール

雄介
雄介
都内在住の釣り人です。あんまり釣れてないですが、とりあえず釣りが好きです。いつか釣り人と名乗れるようになりたいです。