【初心者向け】エギングでアオリイカを狙うための準備とコツ

アオリイカ

堤防から手軽にアオリイカを狙うことができるエギングが近年に人気となっています。

これからエギングを始める方や、エギングを始めたけどまだアオリイカが釣れてない初心者の方向けに、アオリイカを釣るコツをご紹介いたします。



エギングについて

エギ

エギングはその名の通りエギという擬似餌を使います。

エギを小魚と勘違いしたアオリイカがエギを抱き込むと、後ろのカンナに引っかかる仕組みになっています。

複雑なタックルは必要なく、堤防や磯などで気軽にできる釣りなので、初心者の方にもおすすめの釣法です。

エギングにおすすめの季節

エギング

アオリイカの寿命は1年といわれており、数釣りの秋、大物狙いの春がアオリイカの釣りシーズンとなります。

特に秋は初心者の方におすすめで、夏に産まれた新子(子イカ)は警戒心も薄く積極的にエギにアタックしてきます。

キロアップのアオリイカを狙いたい方は、産卵のために岸に寄る春がおすすめです。

しかし、大型のアオリイカは警戒心も強く頭もいいので、初心者には少々ハードルが高いかもしれません。

日中と夜とどっちが釣れる?

筆者の経験では夜間の方がアオリイカの実績が高いです。

アオリイカは夜行性なので、夜間にエサを求めて活発に活動し、日中はボトム付近でじっとしているようです。

しかし、秋の新子に関しては活性が高く、日中でも比較的簡単に釣ることができます。

潮の動き始めや変わり際などを狙って釣りにいってみましょう。

エギング初心者向けのタックル

エギングタックルはピンからキリまであり、どれを選んだらいいのかわからないという方も多いと思います。

今回は初心者の方でも購入しやすいエントリーモデルをご紹介いたします。

ロッド

これからエギングを始める方には、8ft前後のエギングロッドをおすすめします。

他のロッドで代用するとすれば、シーバスロッド、アジングロッド、メバリングロッドあたりでしょうか。

シーバスロッドの場合は軽いエギをシャクりずらい、アジングロッドの場合は重いエギをキャストできないというデメリットもあるので、エギングロッドの方が使い勝手が良いです。

初心者の方にはシマノのセフィアBBがおすすめです。

1万円代で購入できるので、エントリーしやすく、操作性も悪くありません。

リール

リールはスピニングリールの2500番、PEラインの0.8号~1号を150m~200mほど巻いておけば問題ないでしょう。

ダイワのフリームス(LT2500S-DH)がダブルハンドルでおすすめです。

リーダー

エギングではメインラインにショックリーダーを接続します。

ショックリーダーは8lb(2号)〜12lb(3号)程度で、長さは1m〜1.5mくらいあれば十分です。

エギ

エギは狙うイカのサイズによって2号〜4号をメインに選びます。

秋イカなら2.5号~3号、春イカなら3号~4号を選ぶと良さそうです。

おすすめはヤマシタのエギ王シリーズです。

釣り方とアクション

アオリイカ

エギングのポイントは「底をとる」「シャクる」「フォール(沈める)」の3点を意識して繰り返すことです。

それさえできればエギングは難しくありません。

キャスト

フィールドにもよりますが、できるだけ遠くにエギをキャストし、広範囲を探れた方が有利です。

エギが着水したらフリーフォールでエギを海底まで落としましょう。

着底の感覚がわからない人は、少し重めのエギを使ってみるとわかりやすいです。

それでもわからない場合は、何秒沈めたのかカウントしていき、根がかりのしない範囲を攻めるという方法もあります。

アクション

エギを着底させたら、竿を上へ大きく煽り2回~3回ほどシャクります。

シャクった後は必ず「フォール」をさせてください。

フォール中にイカがエギに抱きつくことが多いです。

イカのアタリがなく着底した場合は再びシャクります。

ここでも着底の感覚が大事になってきますが、着底がわからない方はフォールの秒数をカウントしてください。

例えば沈降速度:3.3秒/mのエギなら、10秒待てば3mほど沈むわけです。

シャクりの大きさや回数、潮の流れにもよりますが、10秒~15秒(3m~4m)ほどフォールさせるのがおすすめです。

おわりに

シリヤケイカ

釣って楽しいのはもちろんのこと、アオリイカは食べても美味しいターゲットです。

アオリイカだけでなく、コウイカやヒイカ、スルメイカにヤリイカなど、日本にはたくさんの種類のイカが生息しています。

ぜひいろんなイカ釣りにチャレンジしてみてください。