まだ見ぬ魚を求めて。桂川でのんびり渓流釣り

ハエ竿

今回私は山梨県にある上野原市内の桂川という川の中流域~上流域に釣りに行きました。



桂川へのアクセス

電車を利用する場合、中央線上野原駅で下車するとすぐに桂川が見えます。

駅からも歩いていけるのでアクセス非常には良好です。

桂川の中流域から下流域ではよく釣りをするのですが、今回行った釣り場は中流域から上流域にかけての流れの強めのポイントとなります。

どんな魚がいるのか、またどの餌で釣れるのかなど全てが未知数なので、全てが新鮮な釣りです。

あわよくば大きめな岩の隙間などからカジカが釣れたらとてもうれしいのですが、どうでしょうか。

桂川での渓流釣り

今回は渓流釣りスタイルで挑戦してみました。

ハエ竿に道糸は1号、針はタナゴ針を用意しました。

そんなに川幅が広いわけではないので、竿の長さはこれくらいで十分です。

餌は現地で石の裏面などから採取したカワムシやトビケラです。

餌はなんといっても、その場で採取できるものが1番釣れるのです。

それは何故かといいますと、その川で普段魚たちが食べているものだからです。

桂川で釣れた魚

早朝から2時間半ほど釣りをしたみたところ、ウグイが2匹とヌマチチブが3匹という結果でした。

ウグイの引きは川魚の中ではダントツです。

タナゴ針が切られないかとひやひやしながら慎重に手元に寄せていきます。

ウグイやヌマチチブが釣れたということは、ヤマメやカジカはもっと上流に行かないと釣れないのでしょうね。

まだ見ぬ釣果を求めて次回はもっと上流に行ってみたいと思います。

桂川

桂川での釣りまとめ

期待していた釣果とは全く異なったものとなってしまいましたが、釣り自体は心の底から本当に楽しめました。

この川の良いところは、周りの景色のきれいなところです。

太陽に照らされてキラキラと輝く水面、上には大きくそびえる橋、森や蝶々やトンボなどの自然

空気もかなり美味しい場所なので万が一釣れなかったとしてもまた来たくなるような、ふと思い出すようなとても良い環境の釣り場です。

透明度の高いきれいな川ですし下流域ではないのでヤマメやイワナなどが釣れるのではないかと淡い期待を抱かせてくれます。

だからこそ、たくさん釣れた時や大物が釣れた時の喜びや達成感を求めて釣り人たちはまた釣りをするのです。

相模川

この桂川では、実際にヤマメやイワナやニジマスを釣っている方々がたくさんいらっしゃるので、今後はそのような魚種が釣れるようにまた訪れたいと心から感じました。

大きな岩や小さな石ころまでたくさんあるので、その間を狙って川カジカ用の竿で釣りをしてみるのもとても面白いと思いますよ。

投稿者プロフィール

ずま
ずま
釣りを許可している場所と時間さえあれば、どこでも釣りをしたくなる素人フィッシャーマンの「ずま」です。誰が教えたわけでもなく自然と、幼い頃から魚や音楽に大変興味があり自己流で脳内に情報をインプットしてきました。今後とも誰もが釣りの良さをほんの少しでもわかるような、そんな取り組みが出来たらと思っています。