台風後は釣れる!?台風後の河口湖で秋バス攻略!

台風後の河口湖でバス釣り

今回は秋の巻物シーズンを狙って遠征した河口湖の実釣レポートです。

タイミング良く台風も過ぎ去ってくれて爆釣もあるか!?

なんて期待を胸に河口湖へ向かいました。

さらに今回は我らが釣りウォーカーのジョニー編集長も顔を出してくれるとのことで、結果が求められる釣行になりました。

河口湖のおすすめバス釣りポイントはこちらでご紹介しております。



秋の河口湖のシーズナルパターンとは?

moto
秋はバス釣りに最高の季節!秋の河口湖ならデカバスも夢じゃありません!

秋と言えば冬に向けた「荒食い」をイメージするかと思います。

ハードルアーで入れ食いなんて状況もタイミングによってはあり得ます。

ただし気を付けておきたいのが「ポイントorルアー選び」と「ターンオーバー」です。

急激な気温や水温の変化で湖底にある質の悪い水が表層に巻き上げられてしまうと、バスの食い気は一気に下がります。

それに伴い、ポイント選びとルアーセレクトも状況に合わせることができなければバイトすら得ることができません。

そのため秋の河口湖では以下の点に注意して釣りに行きましょう。


①水質の良い、インレットや湧き水のあるエリアを狙う
②なるべくプレッシャーの少ないエリア(目に見えないストラクチャー)に絞って釣る

実釣編!台風後の河口湖バスはいかに!?

台風後の河口湖でバス釣り
moto
台風の後は爆釣するという噂は本当なのか確かめに河口湖へとやってきました!

朝からロイヤルワンド周辺でハードルアーを中心に巻き倒しました。

強気でカワシマイキーを巻き続けると、「グン!」といきなりバイトが!

しかしタイミングが悪く、ジーパンに引っ付いた大量のくっつき虫を取っている際にバイトがあったので乗せ切れず・・・。

なんとも朝から幸先の悪いスタートです。

その後、すぐに冠水ブッシュをラバージグ(トレーラーなし)で打っていくとすぐにバイトがありましたが、これまたラインが枝に引っ掛かっていて合わせきれず痛恨のバラシ・・・。

この時から完全にリズムを崩されました。

台風後の河口湖でバス釣り

パターンをはめることができず、濁りの強いエリアを避けるために西湖の放流口へと向かいます。

大量の水が放水されているため、ロイヤルワンドと違って超クリアウォーターです。

増水の影響で冠水ブッシュとゴミ溜りが多く、期待大でしたが先行者がいたせいか、ここではスモラバで小バス1本キャッチしたのみとなります。

台風後の河口湖でバス釣り

その後も八杭、馬場川河口、信号下と一級ポイントを攻めるもバスのアタリすら得ることはできませんでした。

水質が綺麗なポイントはシャローエリアを中心に生命感がまったくないような印象で、ブルーギルやワカサギなどのベイトフィッシュを一切見ることがありませんでした。

台風後の河口湖でバス釣り
moto
お昼休憩を挟んでジョニー編集長と合流!
ジョニー(編集長)
寝坊したうえに渋滞にハマって約束の時間から6時間遅れで合流しました。本当にごめんなさい!

昼食後は朝一反応のあったロイヤルワンドで粘ることに。

しかしこれが誤算だったか?

16時までのストップフィッシングまで一切アタリすら得ることなく終了となりました・・・。

台風後の河口湖でバス釣り
moto
1日を通してすでに冬のような寒さだったので防寒対策はしっかりしましょう!
ジョニー(編集長)
極寒の河口湖にジャブジャブ入っていったら案の定風邪を引きました(上画像参照)

今回の河口湖で使用したルアー

今回の河口湖釣行は不甲斐ない結果に終わってしまいましたが、バスの反応があったルアーを中心にご紹介したいと思います。

台風後のような濁りの強いポイントで釣りする場合はアピール力の強いルアーを選び、インレットなど水質がクリアなポイントではスモラバのような弱めな釣りを展開しました。

ジャッカル / カワシマイキー

朝一に残念ながらバラしてしまいましたが、表層でポーズさせているときにバイトしてきました。

かなり濁りの強いフィールドでもバスを寄せ付けるアピール力は流石の一言です。

今回はこのカワシマイキーを中心に強い釣りを展開してきましたが、朝一のワンバイトのみとなってしまいました。

O.S.P / ハイピッチャー

自分の中では放流バスの捕獲率No.1のハイピッチャーを切り札として使いましたが、今回は残念ながらアタリすらありませんでした。

使い方はウィードに引っ掛けて外れた瞬間にリアクションバイトを狙うという釣り方ですが、今回ばかりはパターンがはまりませんでした。

カラーローテーションをしてみるという手もあったかもしれません。

ケイテック /ラバージグ モデル2

冠水ブッシュのジグ打ちをしている際にバイトがあったのがラバージグです。

普段は陸の上にあるような木々が増水の影響でカバーになっていたので手当たり次第に打っていきましたが、1バイトのみという結果でした。

ダイワ / スモールラバージグSS

今回の釣行で唯一キャッチすることができたのがスモラバのカバー打ちです。

ゴミ溜りの隙間を縫うように打っていったのが吉となりました。

ワームの使えない河口湖では最後の切り札と言っても良いでしょう。

バスの居場所がピンポイントにいることが分かっていれば必ず使いたいルアーです。

GENKI / ポークスティック

ワーム禁止の河口湖では必ず持っていきたいのがポークです。

今回のような増水して濁りが強いシチュエーションではなかなか出番はありませんでしたが、水通しの良いインレット周辺、桟橋付近では使う価値ありです。

GENKI ポークルアー ポークスティックL ゲンキ 元気  【ネコポス配送可】

台風後の河口湖バス攻略まとめ

台風後の河口湖でバス釣り

数年ぶりの河口湖となりましたが、やはり一筋縄ではいかない湖でした。

20年前に盛んに放流が行われていた頃とまったく状況が違い、パターンがはまらないとアタリすら得ることができない湖だと感じました。

今回はそのヒットパターンを見つけ出すことなくストップフィッシングとなってしまいましたが、富士山の麓での釣りはロケーションが最高ですのでまたリベンジしたいと思います!

投稿者プロフィール

moto
moto
バス釣り歴20年。基本的に魚自体が好きなのでなんでも釣れれば嬉しいです!主に関東県内の川・湖・野池で釣りを楽しんでおります。ここ数年、年に1度の琵琶湖遠征が非常に楽しみの一つでもあります。私もサラリーマン向けのブログを運営していますので是非チェックして下さい!