【和歌山】狙うは金目鯛!手ぶらで行ける深海釣り!



深海釣り船『貴丸』さん

今回、お世話になった船宿は、和歌山県田辺市江川港の『貴丸』さんです。

一見ハードルが高そうに見える深海釣りですが、貴丸さんでは電動リールなども含め、釣り道具を全てレンタルすることができるので、初心者でも手軽に挑戦することが可能です。

江川漁港までは南紀田辺インターチェンジを降りて約10分。漁港手前1分のところにコンビニがあるのでとても便利です。

停泊場はこちら

深海釣りに初挑戦

魚種は、深海釣りには定番の黒に赤ムツとアコウ、金目鯛、オコゼ、青物に真鯛も狙えます。針数は初心者なので6本針(トラブルが少ない)をチョイス。常連の方は10本針以上で狙っている方もいました。

餌はイカの短冊のチョン掛けです。仕掛けの投入や釣りそのものは難しい事は何もありません。重りは400号(約1.5キロ)で今まで見たこともない鉄の塊。海に投げ入れた時の沈下速度は今までに経験した事のないスピードでした。

注意事項としてはは、深海釣り特有の船長の指示による、仕掛けを順番に落としていくシステムだということ。更に投入を失敗すると、その流しは休憩になってしまうというルールなので、他の釣りにはないシビアなところがあります。今回の釣行でも、朝イチの投入で仕掛けが絡み、流しのチャンスを逃している方がいました。とはいえ、周りの方々がサポートしてくれるので焦る必要はありません。

流し釣り:船をアンカーで固定せず、潮の流れに船を任せながら仕掛けを流していく釣り方。深海釣りでは流し(仕掛けの投入回数)が決められている場合が多く、1回の流しが重要となってくる。

他の乗船者の方達も『おっ!にいちゃん深海初めてかいな!おっちゃんが教えたるは!!』とフレンドリーな方達ばかり。ポイントまでは約1時間、その間に深海釣りのレクチャーをずっと受けてあっという間にポイントに到着しました。

この日は潮の流れが早く、1回目の流しでは感覚を掴むことすらできませんでした。

2回目の流しでは本命の金目鯛を釣りあげたものの、アタリを捉えることはできず、船長さんの『にいちゃんのあたってるで!』という声を頼りするしかありませんでした。

次第にが収まってくると、深海340メートルでもオモリが海底当たるのが手元につたわってきたり、魚のアタリを感じ取ることができ深海釣りの面白さを体感することができました。

10回の流しで釣果は4匹。常連の方は一度の流しで最大8匹を釣りあげており、びっくりしてしまいました。

金目鯛

深海釣りのコツ

初心者の方は、少ない針数からスタートすることをおすすめします。常連さんのように多点掛けで一度数匹を釣りあげるのも面白いですが、最初のうちは、1匹かかればその1匹を大切にした方がいいと思います。

オモリが海底に到着し、正確に底を取ることが深海釣りの極意です。べた底で流し過ぎると根掛かりの危険もありますので、海底スレスレを流す必要があります。この感覚を水深300メートル以上でも確実に分かるようにスキルアップしていくとより釣果が期待できるようになります。

初心者にはハードルが高いと思われがちな深海釣りです。本当は手軽で簡単な釣りなので、みなさんにもぜひ体験してもらいたいです。

自分で釣りあげた金目鯛の味は格別でしたよ!

金目鯛

投稿者プロフィール

たちゃーん
たちゃーん
月に一回海に行けるかどうかの家庭状況で、最高の結果を追い求めていますが、惨敗の日々ですが、研究を重ねて、いつかは年間でほうずゼロを目指しています。