河口湖のバス釣りは難しい…それでもポテンシャルは高いはず

河口湖のバス釣り

関東のバス釣りメジャーレイク「河口湖」。

定期的にバスの放流を行っているとはいえ、ハイプレッシャーエリアでのバス釣りは一筋縄ではいかない。

しかしデカバスのポテンシャルは高くロクマルだって夢ではない。

バリエーションの少ないポークルアーと限られたハードルアーで私たちには何ができるだろうか。



河口湖のバス釣りは難しいの?

関東方面で有名なバス釣りポイントと言えば河口湖ではないでしょうか。

河口湖は難易度が高いバス釣りスポットです。

なぜ難しいのかというと、超が付く程の有名フィールドでアングラーの数が多いためプレッシャーが高いからです。

漁業組合によりバスの放流が定期的に行われるので、放流されたばかりのバスであれば簡単に釣ることができます。

※放流日については河口湖漁業協同組合のサイトで確認することができます。

とはいえ我々が狙いたいのはロクマルのバスなのです。

河口湖のバス釣り攻略するためのルアーを紹介

河口湖のバス釣り

河口湖はベイトが豊富な湖で、西湖や本栖湖と同様にワカサギ釣りでも有名なフィールドです。

そのため小さめのミノーを使いワカサギパターンで攻略するのがいいでしょう。

ジャッカルのスパイテールなんかがおすすめです!

また桟橋付近やシャローエリアにはブルーギルも数多くいるのでチビタレルガンタレルなどのギル系ルアーもおすすめです。

もちろんデカバス狙いでジョイクロをぶん投げるのもありです。

ちなみに河口湖はワーム禁止なのでワームを使いたい方はポークルアーを使いましょう。

河口湖は濁り気味の日が多いので派手なカラーリングのルアーを多めに持っていきましょう。

※もちろん天候や状況によって透明度の高い日もあるので、ナチュラル系のルアーも準備だけはしておいてください。

河口湖でのバス釣りの釣果

河口湖のバス釣り

私は5年ほどバス釣りをやっていますが河口湖は釣れにくいですね。

私のバス釣り人生の中で河口湖で釣れたバスは少ないですよ。

ただ小バス狙いならポークルアーを投げて爆釣できます。

対してハードルアーだと、ハイプレッシャーのフィールドでスレたバスは1日に3匹も釣れれば感極まるレベルでしょう。

それでも河口湖にはデカバスが沢山いるのです。

実際私も河口湖の人気ポイントである大橋下で61センチのバスを釣り上げたことがあります。

50センチ越えのバスにだってたくさん出会ってきました。

河口湖のおかっぱりバス釣りポイントはこちら

河口湖でバス釣りをする際のアドバイス

河口湖のバス釣り

河口湖はおかっぱりでも釣りができるポイントが多いです。

しかしプレッシャーから解放されたいという方にはボートフィッシングという選択肢もあります。

ポイント選びはシビアですが、おかっぱりよりもプレッシャーは低いというメリットがあります。

「放流日を狙う」というのもひとつの選択肢です。

とても難しい湖ではありますがデカバスのポテンシャルは高くロクマルやゴーマルがごろごろ泳いでいます。

ぜひ皆さんも河口湖のデカバスに挑戦してみてくださいね!