スミス『サラナ110F』はシーバス攻略に必須のルアー!

サラナ110F

今回ご紹介するのはスミスから発売されているシーバスルアー『サラナ110F』です。

サラナは「跳躍」「探索」「航行」の3つをコンセプトにしており、プレッシャーの高いベイエリアから河口、飛距離が求められるサーフの釣りにまで幅広く対応しているルアーです。



スミス『サラナ110F』について

サラナ110F

出典:SMITH

昔からシーバスゲームを行っている方ならご存知かと思いますが、スミスから販売されているサラナシリーズです。

昔では定番的なルアーですが、最近は多種多様なルアーが登場して影が薄くなっています。

しかし、今でも根強い人気がある定番のシーバスルアーです。

重心移動内蔵で飛距離も抜群。

シャロー系が多い現在のシーバス市場ですが、しっかりと潜行して一つ下のレンジを探れるのもサラナ110Fの特徴です。

サラナは80mm、95mm、110mm、125mm、147mmの5サイズを展開しており、その中でも一番使いやすいのが中間の110mmモデルです。

スミス サラナ 110F

価格:1,555円
(2019/6/18 12:26時点)

スミス『サラナ110F』のスペック

ルアータイプ フローティングタイプ
サイズ 全長110mm
自重 14g
アクション ローリング主体にウォブリングをミックスしたウォブンロール
レンジ 70cm~120cm程度

スミス『サラナ110F』の特徴・使い方

サラナ110F

出典:SMITH

シーバスルアーとしてはシャローランナー系が主体の現在ですが、そのシャロー系が探れないレンジを攻略するにはもってこいのルアーです。

しっかりと潜行する性能は、そのレンジをしっかりとキープしてくれ、さらにはしっかりとしたアクションを生み出してくれます。

デッドスローからファーストリトリーブまで、スピードに対しても臨機応変に対応できるのもサラナ110Fの優秀な点です。

サラナ110Fは、河川河口域から淡水域までのシーバスゲームはもちろん、サーフゲームや磯のヒラスズキにも最高のポテンシャルを発揮してくれます。

少し小振りに見えますがその存在感は抜群で、サーフシーバスや広大な河口域のシーバス攻略にも高実績をだしています。

スミス『サラナ110F』を使ってみた感想

シーバス

私自身サラナ110Fを使いだして、もう20年以上になりますが、今でも欠かせないルアーです。

色々なルアーをローテーションしていく中で、サラナを織り交ぜて釣果を伸ばしてきています。

浅すぎず、深すぎずをきっちりと通す事が可能です。

また、ただ巻きでも十分にシーバスを誘いでしてくれますが、軽いトゥイッチでイレギュラーな動きを加える事で、さらにバイトを誘発できます。

低活性時やスレてきた時には、軽いトゥイッチとスローリトリーブの組み合わせで、少しメリハリをつけた誘い方がおすすめです。

さらにデイゲームではジャーキングで激しくイレギュラーアクションをさせたり、ヒラスズキではサラシの中でステイさせるなど、しっかりとリップで水を捉えてくれるのも大きな特徴です。

スミス『サラナ110F』についてまとめ

最近のシーバスルアーは、様々な目的で攻略を細分化させ、得意なシチュエーションがそれぞれにあります。

今回、ご紹介したサラナ110Fを含むサラナシリーズは、シリーズ内でのローテーションで様々なシチュエーションの攻略が可能です。

大きく特化した特徴はありませんが、ロングセラーである理由は実績が物語っています。

その中でも攻略の中心になるのがサラナ110Fで、ビッグシーバスを確実に仕留める事が出来る、一本は持っておきたいおすすめルアーです。

<スミス>サラナ 110F

価格:1,749円
(2019/6/18 13:08時点)