【栄養満点】秋鮭と白子のさっぱりレモン鍋

秋鮭と白子のレモン鍋

秋といえばやっぱり秋鮭ですよね。

そして秋鮭と共にスーパーに並ぶのが鮭の白子です。

この時期しか食べられない珍味だからこそ美味しくいただきましょう。

ちなみに鮭の白子はスーパーで1パック100円~200円程度で購入することができる格安食材です。



鮭の白子って美味しいの?

秋になるとよくスーパーで売られている鮭の白子(精巣)ですが、実際のところ美味しいのでしょうか?

タラの白子(たらきく)は鍋や天ぷらにすると美味しいですが、鮭の白子を食べたことがある人は意外と少ないはず。

結論から言うと、鮭の白子は下処理をしっかりすれば美味しいです。

たらきく程の濃厚さではないですが、さっぱりしていてプリっとした食感にやみつきになってしまうこと間違いなしです。

たらきくと同じように白子ポン酢や天ぷらにしても美味しいですよ。

鮭の白子ポン酢

鮭の白子は栄養価が高い

鮭の白子はとても栄養価が高く、特にDNAやプロテインが多く含まれています。

つまり、疲労回復や貧血予防にもってこいの食材なのです。

しかも鮭の白子は、たらきくなど他の白子に比べてコレステロールが低いので、コレステロールが気になる方には鮭の白子をおすすめします。

鮭の白子の下処理

それでは鮭の白子の下処理をおこなっていきましょう。

スーパーに並んでいる白子はしっかりと下処理をしないと生臭さが残ってしまいます。

鮭の白子

こちらが鮭の白子でございます。

まずは白子を血合いに沿って1/3ほど切れ目を入れ、血合いの部分を取り除きます。

鮭の白子の下処理

包丁で削ぐように除去するのが手っ取り早いです。

血合いを取り除いたら、塩揉みをしてヌメリを洗い流します。

キッチンペーパーで水分を取ったら下処理は完了です。

鮭の白子の下処理

鮭と白子のレモン鍋の作り方

今回は鮭の切り身と白子を使ってさっぱり食べれるレモン鍋を作っていきます。

鮭と白子(精巣)で親子、鍋……?

うーん。照

ということで、用意するものはこちら!

鮭の切り身
鮭の白子
ネギ
白菜
春菊
豆腐
エノキ(マイタケやシメジでもOK)
牡蠣(冷蔵庫にあったので)
レモン

鍋に水を入れ沸騰させていきます。

※あらかじめ昆布で出汁をとっておくとより香りがよくなります。

私はというと、ここ最近ホンビノス貝とワタリガニを仕入れておりましたので、こやつらでだし汁を作っておりました!

あとは具材を鍋に投入するだけです。簡単!

白菜の芯やネギなど、火が通るのに時間がかかる野菜は最初に入れます。

鮭の白子や牡蠣は煮込み過ぎると固くなってしまうので食べる直前に鍋にいれましょう。

秋鮭と白子のレモン鍋

スライスしたレモンを彩れば完成です。

さっぱりとポン酢でいただきます。

鮭と白子のレモン鍋

柑橘系のさっぱりした香りとポン酢の組み合わせが最高です。

下処理をしっかりしているので白子の臭みはありません。

鮭と白子のレモン鍋

ほら、白子がぷりっぷりでしょう?

遡上時期の秋鮭は脂がのっていてレモンとよく合います。

鮭と白子のレモン鍋とビール

これはビールが欲しくなるやつ!

※琥珀ビールがウーロン茶にしか見えない。

鮭と白子のレモン鍋のまとめ

これは間違いなく美味しいです。

食べる直前にレモンを絞ってあげるとさらに風味が増して食べやすくなります。

白子とはいえ、たらきくを想像してしまうと「あれ?」と思うかもしれません。

淡泊な鮭の白子は白身魚のはんぺんに近いような気もするし、部位によってはアン肝のような濃厚さを感じることもあり、本当に不思議な食材です。

あまり先入観をもたずに食べていただくのが一番だと思います。

鮭の白子は格安で今回は私は3房入って150円で購入できました。

安くて美味しい秋の珍味をぜひ、いただいてみてくださいね。

投稿者プロフィール

花丸ゆうこ
花丸ゆうこ
宮城県出身。大学卒業後は某大手企業のメディアを担当し、WEBディレクターとして活躍する。独立後はSEOディレクターとして活動する傍ら、趣味の旅が高じて旅ルポ・エッセイストとしても支持を得ている。基本的に一人行動派。釣りは最近始めたばかりの初心者。