生ダコの下処理と「ぷりぷり酢ダコ」の作り方

酢ダコ

兵庫県明石市の釣り船「Taizo Fishing Boat」の船長の妻の、ヒロタアズサです。

明石海峡の旬の魚を美味しく食べる、簡単魚料理をご紹介したいと思います!といっても、わたしもまだまだ新米主婦でして、料理はあまり得意ではありません。

地元の漁師の奥さんに教えてもらったり、本などで調べたりしながらの、手探りの魚料理です。どうぞ、身近に感じていただければと思います。



今回は生の明石ダコを用意

ご紹介するのは、魚料理の中でもハードルの低いタコ料理☆

10分でできる簡単おつまみとして、さっぱりお酢でマリネし、ぷりぷりの酢ダコを作ります。

今回使うのは明石名産の明石ダコ(マダコ)。夏が旬の明石ダコは身がぷりっぷりで最高に美味しい!ちなみに船釣りでは5月〜9月頃まで狙えます。

近年はタコが世界的に人気で、市場の値上がりも著しく、国産のタコなんて、近所のスーパーでは100g300円なんてことに。

なんともはや高級魚・・・。

今回使用するのは300gぐらいの中の下のサイズのタコです。頭が握りこぶしくらい。

酢ダコ

生ダコの下処理

1. タコの内臓を取る

頭をひっくり返し、内臓を取ります。足の付け根にある黒いくちばしも取ります。

酢ダコ

くちばしを取ることで、湯がく際にお湯がタコの体内で対流し、上手に茹であがります。

2. タコのヌメリを取る

塩大さじ1をタコに刷り込みタコを全体的によく揉みます。ヌメリがどんどん出てくるので流水で勢いよく流します。

3. タコを茹でる

沸騰した湯にタコを投入します。足先から少しずつ入れると、きれいにくるんと丸まります。

だいたい2分くらいできれいなあずき色になりますので、引き上げて冷ましておきます。

ぷりぷり酢ダコの作り方

用意する物

タコ 1匹、お酢 大さじ2、レモン ⅛個

※今回はマイルドで甘めのカンタン酢を使いました。普通の穀物酢なら少しお砂糖を加えてもいいかもしれません。

1. 茹でたタコをぶつ切りにする

タコは食べやすい大きさにカットしていきます。頭ももちろん食べられます。

タコは捨てるところがほとんどありません☆

ちなみに、筆者はタコの足先に毒があるという噂を聞いたことがありますが、マダコは食べて大丈夫です。

私は全然生きてます。

タコの足先は吸盤が小さく、雑菌が溜まりやすいことから「タコの足先を切り落とす」飲食店が多かったそうです。そこから「タコの足先に毒がある」という噂に変化したようでございます。ちなみに、塩揉みでほとんどの雑菌を落とせるそうなのでご安心を。(編集長補足)

2. タコとレモンをお酢を和える

ぶつ切りにしたタコ、カットレモンにお酢を和えて冷蔵庫で10分ほど冷やせば完成!

酢ダコ

簡単おつまみ、ぷりぷり酢ダコの完成です。

レモンとタコを一緒に食べると、きゅんとくる酸っぱさと、じんわりくる旨味が身体に染みわたります。

頭の部分は食感がまた違って楽しいですよ。

タコの保存方法

たくさん釣れたタコの保存方法もご紹介します☆

①すべて茹でる場合

その日に食べないタコは、ぶつ切りにしてお酢を絡めておくと長持ちします。

冷蔵庫で3日くらいで食べ切りましょう。

②冷凍する場合

ジップロックなどの袋に生のそのままぶち込んで冷凍庫でOKです☆

内臓だけ取ってから冷凍する方がベターです。

一度冷凍すると、身の繊維が壊れて柔らかく食べられます。ヌメリも取れやすくなるので、煮物にする時は冷凍がおすすめです。

生ダコの下処理まとめ

タコ釣りマニアさんたちは、夏の間に1年分のタコを釣って、冷凍し、少しずつ食べられているそうです。もしもタコが釣れたとき(もしくはスーパーで生ダコが手に入ったとき)は、この記事を参考に下処理をして茹でてみてください。

酢ダコにすればお酢のクエン酸で夏バテ対策にもなります。

いいことだらけのタコ。

是非今年は、自分で釣って、お料理してみてくださいね。

Taizo Fishing Boat

兵庫県明石市の釣り船「Taizo Fishing Boat」夏が旬の明石ダコを狙えます。

投稿者プロフィール

ヒロタアズサ
ヒロタアズサ
明石の釣り船、Taizo Fishing Boat の船長の嫁です。明石海峡の旬の魚を使った料理を、日々特訓しています!